【目の疲れに効くツボ】頭 前編

こんにちは。
九品仏駅徒歩1分 鍼灸整体サロン Calm 中川です。

 

今日は【目の疲れに効くツボ】頭編です。

 

長時間のデスクワークで目が疲れたら。
息抜きにご覧ください。

 

 

天柱

後頭部の髪の生え際で、2本の太い筋肉に挟まれたくぼみから
左右へ親指1本分外側にずれたところにあります。
ボコッとした膨らみを探してください。

親指先を曲げてその膨らみに当てます。
写真は両方同時に押していますが、
片方ずつ押すとより楽に圧が入ります。
左側を押す場合は左の親指先を曲げて当てたら
右斜め上を見上げると刺激が簡単に入ります。

ギューギュー押す必要はありません。
後頭部にじんわりした感覚が広がれば十分です。
5秒間息を吐きながら斜め上を向いていきます。
これを3回行います。

 

完骨

まずは基準になる乳様突起という
骨の出っ張りの位置を確認します。

耳の後ろにある骨の出っ張りです。
その出っ張りの斜め下のくぼみに完骨があります。

押し方はコチラ

親指を曲げて頭を引っこ抜くイメージです。
ぐりぐりは禁止です。
首が伸びてく~の感覚があればgoodです。
ズーンと響いても息を止めずに
5秒かけて息を吐きながら押して下さい。
これを3回行います。

【目の疲れに効くツボ】頭 前編まとめ

 

合間にやってみる

上でご紹介したツボは肩こりがある時にも有効です。
眼精疲労が首肩こりから来ることは多いので
一石二鳥です。

首肩こりは大事な会議やプレゼンなどで緊張状態にあったり、
デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続くことで起きます。

この頭のツボを押すという行為で同じ姿勢から一時的に解放され
筋肉関節にも動きが出ます。
意識的に体勢を変えることで切り替えになり
目の前のやることにももう一度取り組みやすくなり
コリも溜めにくくなります。
お忙しい時ほど一度やってみてください。

 

おわりに

頭って結構気持ち良いんです。
コツを掴むとその良さがより分かると思います。
ツボの位置取りや押し方のコツなど
わからないことがありましたらお気軽にお尋ねください。

近々【目の疲れに効くツボ】頭 後編も
あげさせていただきます。

 

この記事を書いた人

中川 咲 Nakagawa Saki

鍼灸整骨院、治療院、鍼灸マッサージ整体院を経て 代表濱田と再会しCalmスタッフへ 来て良かったと思える身近な特別空間を目指して 丁寧な施術を心がけ皆さまのサポートをさせていただきます。